COMIC マンガでわかる吉和田浜松の仕事

営業の仕事

お客様から一番最初に相談される関係づくりを。

吉和田浜松は、工場のユーティリティ設備や産業用機械の設計、販売、施工、メンテナンスまで一貫して行うエンジニアリング商社。その終始一貫の全て、提案の段階から納入、アフターフォローに至るまで、お客様と密に関わっていくのが営業の役割です。

一気通貫のはじまりはお客様との関係づくりから。お客様を訪問し、現状を確認しながら課題をお伺いします。お客様がお悩みを相談してくれるようになるには、時に時間がかかるかもしれませんが、粘り強く訪問し、コミュニケーションを重ねて信頼関係を築いていきます。時には「すぐ来てほしい」とSOSの声が掛かることも。そんな時は即座に現場へ駆けつけて、問題点を見極めながらその場で判断しなければいけないこともあります。

そのため、ポンプ、ボイラー、コンプレッサーなどをはじめとする取扱商品の知識や、水・空気・熱に関連する設備周りの知識を持つ必要があります。設備導入の際の電力や風量の計算を行ったり、配管の設計図を営業が作成することもあります。しかし、入社時にこれらの知識を持っている必要はありません。営業職は文系出身者も多く、入社後に業務の中で知識をつけていく社員がほとんどです。

山本

自分で一から考えて提案したプランを導入していただけた時は本当に嬉しいです。規模によっては半年から一年後に実を結ぶものも。

コツコツと地道にお客様と顔を合わせることで小さな信頼を積み重ね、やがて大きな信頼へと繋がっていく仕事です。

吉田

吉和田の営業職に必要とされる能力は、諦めないこと。負けず嫌いで、何でも自分でやらないと気が済まないくらいの人が向いています。しかし、わからないことは一人で抱え込まず相談するのも吉和田スタイル。

先輩たちは全員キャラが濃いめですが(笑)、積極的に声を掛けてください。

吉和田浜松は
みんなで一つのチーム
全職種を見てみよう!

エントリーはこちらから

ENTRY