MESSAGE あたりまえを誇れ

社長イメージ

あたりまえを
誇れ

2019 YOSHIWADA HAMAMATSU RECRUIT

代表取締役社長 
田邉 剛

吉和田浜松では“あたりまえ”という言葉がよく使われています。

“あたりまえ”という言葉の意味はとても広く、人によって異なります。それゆえに、当たり前のことを行うということは、場合によって厳しく難しい要求のように聞こえてしまうかもしれません。

“あたりまえ”とは共通の価値観があって初めて通じる言葉ですから、その受け取り方は世代や環境によっても異なります。“あたりまえ”がわからないという方もいると思いますし、もしかしたら、誰もが当たり前にできることには価値がないと思っている方もいるかもしれません。

吉和田浜松は、“あたりまえ”ができることに価値を見出す会社です。

私たちは、誠心誠意の努力の過程で自然と出てくる行動の数々が、“あたりまえ”だと考えています。“あたりまえ”には、特殊な能力やテクニックを必要としません。多くの方が持ち合わせているその資質を地道に伸ばしていくことが、より高い精度の仕事を生むと信じています。

もしも“あたりまえ”がわからなければ、私たちに聞いていただきたいのです。共通の意思を持とうと歩み寄れる、素直に向き合える人を私たちは求めています。その地道な行動を積み重ねた先で“あたりまえ”を誇れるようになるのが、私たち吉和田浜松です。

お客様を思えば、自然と
“あたりまえ”が身につく

「お客様が困っていることを何とかして解決したい」——その一心で、昭和62年の設立以来、吉和田浜松を成長させてきたのが会長です。お客様の想いを背負ってメーカーと交渉する姿を歴代の社員たちは見てきています。会長が取り組み続けた姿勢が根付いていて、社員たちがそれを体現しようと奮闘しているのが現在の吉和田浜松です。その会長の姿勢こそが、“あたりまえ”の行動の数々なのです。

お客様のお役に立とうと考えると、日常の些細なことが自然とできるようになります。元気に挨拶をしたり、約束を守ったり、人としてのモラルを意識するようになるのです。お客様のお役に立つということは、お客様のためだけではなく、社会のためになり、ゆくゆくは自分のためにもなります。

私たちは仕事を通じて皆で豊かになり、社会貢献や発展を目指している仲間です。そして、それを実感できる会社だと自負しています。お客様はもちろん、仕入先様、協力会社様など吉和田浜松と関わる全ての方、ひいては社会に貢献したいという想いがあれば、“あたりまえ”ができるようになります。しかし、一人の力だけではなかなか貢献できませんので、仲間同士サポートし合っています。

就職活動では、企業の本質に目を向けてください

私たちの会社に限りませんが、自信を持って社会に出ても、できないことにぶち当たって、挫折してしまうこともあります。吉和田浜松では、できなかったことについて自問自答しながら次のステップへ向かっていく仕組みがあります。正解だけ示すのではなく、なぜそれがいけないのか、どうすれば良かったかを根本から丁寧に紐解いていくのです。さらに、「実はこっちの方が向いているんじゃないか?」と別の選択肢が広がるケースもあります。吉和田浜松では、そんな時に道を変更できるチャンスも用意しています。“あたりまえ”ができるようになると気付く視点が広がりますから、会社としても様々な可能性を広げられる環境を整えています。

就職活動は人生の大きなターニングポイントです。求職者の方はたくさんのエネルギーを使うと思いますが、同時に企業側も多くのエネルギーをかける部分でもあります。求職者の皆さんには表面的な良い部分だけではなく、本質をよく見極めてほしいと思います。本質を求め本音で向き合うことは、私たち吉和田浜松の営業スタイルともよく似ています。この考えに少しでも共感いただける方は、是非このサイトをよくご覧いただければと思います。そして、インターンシップへのご参加やお問合せいただいて、私たちの会社を体感してほしいと思います。

エントリーはこちらから

ENTRY