STAFF 教えて先輩!

他ではできない
経験が自信になる。
一回り大きな自分へ。

メンテナンス事業部
木下 孝雄

大好きな“機械いじり”を仕事に

私は定時制高校に通いながら働いていたので、高校卒業と同時に吉和田浜松に入社した際には、既に数社での勤務経験がありました。結果的に職を転々としてきたことにはなるのですが、決して飽きっぽい性格ではないんです。なぜか私がいる職場はなくなってしまう傾向にありまして・・・(苦笑)高校卒業と同時に入社したのですが、実は前職の倒産もほぼ同時期でした。吉和田に入社して現在4年目。右肩上がりの成長を続けている会社ですので、私がいても問題なく安心できます(笑)。

吉和田との出会いは高校の求人票でした。メンテナンスの仕事に興味があり応募しました。それまで仕事で様々な機械を扱ってきたのですが、その機械が不具合を起こしても自分で原因もわからなければ修理もできないことにジレンマを感じていたんです。機械の操作はするのに、機械のことを何も知らないのは情けない気がして。機械や車いじりが好きでしたし、メンテナンスの仕事に憧れがありました。

これまでの経験から工具の種類などはある程度わかりましたが、吉和田の業務は本当に幅が広いので、見たことのない道具がたくさんあり新鮮でした。扱うメーカーや機械の種類も多岐に渡り、現場も毎日違う場所で面白いのですが、こんなに多くのことを自分もできるようになるのか不安もありました。

自分がやらなければ誰がやる?

作業そのものは入社後数ヶ月で徐々にわかるようになってきます。プラモデル作りや細かい作業が好きな人には面白い仕事だと思います。

しいて辛いことを挙げるならば、仕事をする環境でしょうか。いわゆる「3K(きつい・汚い・危険)」の現場も時にあります。ポンプやファンなどは大抵目に付かないところに置かれていますから、空調のない屋外であることはもちろん、屋根に上ったり地下に潜ることもあります。
初めの内はその環境にひるんでしまうこともありましたが、これもすぐに慣れます。・・・というか、慣れるしかないんです。そこで自分が作業できなければお客様は困ったままですし、代理はいません。「自分がやらなければいけない」という使命感に駆られます。作業に没頭すれば環境はそれほど気にならなくなります。機械をくまなく見ることが自分の本業ですので、環境は二の次ですね。「目の前にあるこの機械をしっかり直せるか」の方が自分には重要なことなんです。技術者としてのプライドで環境を克服できます。

そのため、作業後お客様に「ありがとう」と言っていただけた時は、その感謝の言葉がこれまでのどの仕事よりも心に染みる気がします。何よりも嬉しい瞬間です。

仕事は現場での作業ばかりではありません。工事内容によっては行政機関の許可が必要なものや、他の業者に協力を仰ぐものもあります。その場合は、書類の準備や業者の手配や指示なども自分の仕事です。先日、約1年かけて準備した市の仕事を受注することができました。市民の方の生活に欠かせない設備ですし、会社としても初めての仕事に携わることができたのは、大きな自信になりました。

資格取得も積極的に行える会社

この仕事をしていると、「若いのにメンテナンスをしているなんて凄いね!」と言われることがあります。年齢関係なく様々なことにチャレンジさせてもらえるのは、吉和田の良いところです。同年代の友人と比べても多くの経験をさせてもらえていると感じます。以前よりも出来る事が増えたので少し生意気になったかもしれませんが(笑)、とてものびのびと仕事をやらせていただいています。しかし、誰に対しても挨拶をすることや、感謝の気持ちを述べることは欠かさないようにしています。

吉和田では資格取得についても積極的にサポートしてくれます。ここまでのお話の通り、毎日違う現場で違う機械と向き合いますから、資格が必要な案件も多いのです。社員が持っている資格が増えれば、業務の幅が増えますから、お客様にもより喜んでいただけます。

私は現在、電気工事士の資格取得に向けて勉強中です。通常業務との両立は大変なこともありますが、仕事は遅くとも夜7時までと決めて試験勉強に励んでいます。資格だけでなく業務上でも今はまだまだ学ぶべきことが多く目の前のことで精一杯ですが、いずれ後輩ができたらいいなと思います。大先輩たちが持つ高度な技術を、私をはじめ若い世代でも受け継いでいき、エンジニアリング商社としての吉和田浜松を盛り上げていきたいと思います。

教えて先輩!STAFF

エントリーはこちらから

ENTRY