STAFF 教えて先輩!

時には“お母さん”の
ように!?心配りで
チームワークを築く。

湖西支店営業アシスタント
鈴木 友菜

自分の存在をしっかり感じられる
企業規模

商業高校を卒業して、吉和田浜松に入社しました。企業選びに当たっては、自分の性格や商社勤務の父のアドバイスを参考に、一人ひとりの影響力があり、個性を発揮できそうな中小規模の企業を中心に考えました。大勢の中では自分の働きが埋もれてしまい、会社の一員である実感を持ちづらいのではないかと思ったからです。働くからには自分もその会社の一員として貢献でき、成果が見える方が自分のモチベーションに繋がるだろうと考えました。

私は小学校から高校までずっと卓球に打ち込んできたので、アルバイト経験もありません。社会のことは右も左もわかりませんし、“商社”がどんなことをするかも、実はよくわかっていませんでした。だから、働いてすぐに貢献や成果が見えるなんてことは、もちろんなかったんですけどね(笑)。文字通り、ゼロからのスタートを切りました。

考え込むよりも、まず動いてみる

入社時は総務・経理部門に配属となり、先輩に付きっきりで教えていただきました。まずは電話を取ることから。今では当たり前のように取っている電話ですが、初めは電話が鳴るたびに緊張の連続。電話に出ても「内容を理解できなかったらどうしよう・・・」と怖く感じることもありました。だけど、考えるよりもまず動くことが大事です。最初の1〜2ヶ月はとにかく練習あるのみ。怖いと思う暇を与えないようにすることで、徐々に慣れていきました。

今思えば、怖がる必要なんてなかったんですよね。不器用でも素直に取り組むことで、周囲からサポートをしていただけることもたくさんあります。先輩方の胸を借りるつもりで、飛び込んでみることです。

そして2年後の配置転換で本社から湖西支店に異動になり、営業アシスタントとなりました。営業アシスタントの仕事は、総務・経理にいた時よりも取扱商品の知識が必要になります。そのため、また勉強の日々。当社ではありとあらゆる商材を扱っていますので、覚えることが山のようにあります。だけど、わからないことに対して入社時ほどの怖さはありませんでした。未知のものとの接し方を習得できたのかもしれませんね。

さらに、よりお客様と近い距離で仕事ができるようになったことで、新たな楽しさが増えました。営業スタッフに代わって自分が見積を出したり、お客様の質問にお答えすることなどあります。自分が作った見積で受注が決まると嬉しいですし、お客様と電話でお話ししていると、お客様の反応がダイレクトにわかります。声のトーンで「ありがとう」が伝わってくるときは、本当に嬉しいですね。また次も頑張ろうという気持ちになります。

チームワークを円滑にする心配りを

営業アシスタントの仕事は、営業スタッフが日中の時間をフルにお客様の為に注げるよう、手助けをすることです。

基本的には営業スタッフの指示を受けて業務を行いますが、時に営業スタッフの次の行動を促す“お尻を叩く”役割になることもあります。世話を焼くお母さんみたいな感じですね。明日までに資料を作ってほしいと頼まれた時、「本当に明日でいいのかな?」と気にします。こちらに気を遣って「明日」と言っていることもあるので、営業スタッフの様子を見ながら必要に応じてすぐ対応するようにしています。本当に明日で良さそうなら、明日にするかもしれませんけど(笑)。それで仕事が上手く進めば私も嬉しいですし、私もチームの一員として、お客様に喜んでいただくことに喜びを感じます。

チームがより一丸となれるよう、私が大切にしているのはお礼を言うことです。何かしてもらったらお礼を言うことは当たり前ではありますが、そこに何か一言感想を加えるようにしています。その方が相手に感謝の気持ちがより伝わり、その後の意思の疎通も深まると思うんです。

アシスタントの仕事は単に業務をサポートするだけではなく、精神面でも気を配ることで営業活動の質が上がり、結果的にお客様にも喜んでいただけます。円滑なコミュニケーションを取りながら、指示を待たなくても先回りしてサポートできるアシスタントを極めたいと思います。

教えて先輩!STAFF

エントリーはこちらから

ENTRY